Make your own free website on Tripod.com
お家でピザを作るのだ。
5月1日の日記に書いていたピザの作り方です。
オーブンも難しい技術もいらない。
でも、バーナーだけは仕上げもきれいにできるし、
あった方がいいとは思うよ。

準備する道具 フライパン (鉄でもテフロンでも。22か24cmくらいがいいかも)
フライパンのふた(家はデカイ鍋のふたで代用しました)
バーナー (アウトドア用品、DIYコーナーにあるようなやつ。カセットコンロの
ボンベを燃料とするようなもの。もちろん製菓用はOKでしょう)
ボウル (ステンレス製が生地離れがよかった。大きさは適当で)
計量カップ (200ccのもの)
ふきん (清潔なもの)
クッキングペーパー (あると便利)
スクレイパーとか料理用のやわらかいヘラ(あると便利!)

材料 小麦粉(薄力粉で大丈夫) 1カップ(200ccの計量カップで)
50ccちょいと多め
(小麦粉の3分の1。でも気持ち少なめで)
一つまみくらい
ピザ用のトマトのピューレ 小さじ 1杯ぐらい
チーズ 50グラムぐらい
オリーブオイル 香味づけ、適当に
でも、エクストラバージンオイルでね
載せる具
(トマト、なす、ベーコン、アンチョビなど)
適当に、お好みでね
(載せすぎるとピザを切る時が大変に)

※水と塩は混ぜておいて、海水の塩辛さ程度であることを確認して使用します。

んで、作り方はというと。
1. 小麦粉をボウルに入れ、塩水を注いで、手か柔らかいヘラで混ぜ込む。
2. 小麦粉が水を吸ったところで、小麦粉をひとつにまとめていきながら、ボウルの中で
力をこめて練り始める。
3. ちょいと弾力が出てきたところで小麦粉を球形にまとめて、ボウルに軽くぬらした
ふきんをかけ、1時間寝かしておく。
(寝かしておくのは室温でよいよ。すぐに食べないなら、オリーブオイルを1滴分、
表面に軽く塗って冷蔵庫かな。この生地は乾いてしまうのであんまりもちません)
4. 机の上か、まな板の上にクッキングペーパーを広げ、小麦粉をまいておく。
5. 1時間休ませた生地を、小麦粉をまいておいた上に置き、ピザの台を作る。
手で生地を均等に押していき、円盤状にする。固くてきれいにできない場合は
のし棒で生地を伸ばしていく。
厚みは薄く、イタリアンクラストっぽく。大きさはフライパンの大きさで。
6. 乾いたフライパンの上に、生地をのせる。(あぶらはひかないよー)
7. 生地の上に、ピザ用トマトピューレ、好きな具、チーズの順番で載せていく。
8. 好みでオリーブオイルを少量、全体にかけまわす。
9. フライパンにふたをして、弱火(使っているコンロで一番弱い火力がイイぞ!)で
10分間焼く。
10. 10分たったところで、具の火のとおり具合を確認する。
もし、火が通っていなければ、2.3分またふたをしておく。生地が焦げそうだったら、
火を止めてもよい。(火を止めて具に熱が通るのを待っていた場合、火が通ったと
確認された時に、フライパンを一瞬強火にかければ、湿気を吸ってしまった生地が
パリパリに仕上がるよ)
11. OKならば仕上げ。バーナーの登場。
チーズの上をバーナーの炎であぶって、焦げ目をつける。
(1個所だけをずっとあぶると、ガス臭くなっちゃうので、ゆっくり往復させていくこと:)
12. うまそーに焦げ目がついたら、できあがり。

載せた具の量にもよるけれど、一人ではちょっと多いが、2人ではちょっと少ない
程度の量になると思うにょ。生地もパリパリ出うまかったにょ。またつくるにょ。


HOME へもどる