Make your own free website on Tripod.com

新人主婦にゃっち。これで職業は『遊び人』→『主婦』にクラスチェンジだ。

日記のTOPへ行くのにゃ・HOMEへ戻るにょ
4月の様子はどんなかな?
3月31日

 ハンニバルを観た。
 にゃっちは『羊たちの沈黙』をビデオで見てから、小説を読み始めたのでした。ちょうど古本フェアで前作に当たる『レッドドラゴン』も手に入り、一緒に『羊たちの沈黙』も手に入ったのでした。そして、猟奇的なストーリーの中で、ミステリアスで知的な印象を受ける登場人物のハンニバルに興味を持ったのでした。
 そして、一昨年の12月。会社やめる直前のある日のこと。行きつけで洋書も取り扱う本屋さんでトマス・ハリス新作の文字を見たのでした。それが、『ハンニバル』
 その時は自分の語学力のなさを呪いもしましたが、洋書の値段も呪った。今みたいに円安でなかったのだが、上製本ハードカバーの一冊が5000円ほどしていたのだ。その時すでに自主的失業するとわかっていたので、脳内大蔵大臣の許可は出ず、なくなくあきらめたのでした。……決して英語を読むのが遅いからではないぞ。(負け惜しみ)
 まあ、意外にも早めに翻訳されてくれたので、小説の方は楽しめたのですが。今度は映画があると言うではないですか。『よっしゃ、ひさびさに映画館でみるぞお』と即思って、で、今回先行レイトショー公開だというのに見に行ったわけなのでした。……結婚前だったら、レイトショーなんて絶対行けなかったなぁ、と思ったりして。やっぱり結婚するのもいいものだねぇ。
 小説のエンディングがXという感じなので、忠実に小説に基づいて映像化しているのかなと思いきや、映画の方のエンディングはYとなっていたりして。小説の中にあった設定で無くなっていたものがあったり、映画のデキとしてはまあまあいいものだと思いますが、小説を先に読んでいると物足りなさを、映画を先に見るとわかりにくさを感じるかもしれません。好きずきですね。
 女優さんも前作とは違っているわけなのですが、シーンによっては『ああ、これが前作の人だったら……もっと美しくなっていただろうに……』と、思うようなシーンもあったりして。にゃっちには多少不満が残る映像だと思うけれども及第点。一見の価値はあるけれど、急がなくてもいいかも。でも暗いシーンが多めなので、映像の細かいところを見たいむきには、映画館での鑑賞をお勧めします。
 そして、観賞後電車が無くなったにゃっちと旦那は、行きつけの漫画喫茶でオールするのでありました。
3月30日

 年度がかわるねぇ。
 そろそろ仕事もゲットしないといけないのだが、にゃっちには困ったことがひとつある。それは中途半端ななんかの感覚があるということなのだ。
 『霊感』というわけでもなく、繊細というわけでもない……のだけれど、にゃっちにとって長時間いられない場所(地域)というものがあるのだということを、大学生の頃から認識しているのだ。
 ただ、電車や車でスッと短時間通過するだけならばなんて事はないんだけれど、体調が悪いときなどは頭痛や吐き気がするくらいなのだ。その地域というのは……渋谷、原宿、代々木、の周辺。実を言っちゃうと、渋谷に初めて行ったのは大学生になってからだったりする……原宿なんて、小学校5年生の時に一度、こないだ短期のバイトの面接で行ったのとの2回だけだったりする。代々木は模試で1度行っただけ……
 普通の人だったらたいした事ないんだろうけれど、その地域の駅とかに降りた瞬間から、『なんか通常と違う感覚』になるんですよ。そのため、大体その辺の仕事は避けているんだけれど、こないだバイトの話を受けたときに「原宿です」と聞いてしまったなと思ったりした……でも、短期だし、せっかく紹介してもらったのだから頑張って行ってみよう……と、思っていたのだが、落ちたのでちょっとホッとしたりしちゃったんだが。なんて書くと、せっかく紹介してくれた友人には悪いんだけれどね。
 最近は精神的なモノじゃないかな、とか思うようにしているけれど、渋谷なんかはやっぱり電力館までが限界。長時間いると本当に疲れる。昔はオカルトな考えににはまっていたこともあるので、『霊的』に波長が合わないのではと思っていたけれど、駄目だった場所が大丈夫になることもあるので、人見知りみたいな感じで、「場所見知り」をしているのかなと思っている。
 駄目だったところから、大丈夫になったのはどこかって……?
 それはねー、『新宿』なのですよ(笑)
 でも、今でもコマ劇場のあたりは駄目ですけれどね。噴水のあった場所とかは特に。


3月29日

 雨の一日。朝まで腹痛で眠れず困る。
 やっと眠って起きてもまだ痛み続けていて、今日は新居に帰る予定だったのだが、実家に残ることにした。どうせだから服を一括で洗濯してみたり。雨なので室内に干すが乾かない。困ったモノだ。
 深夜、楽しみな番組が二つ終了してしまってちょっと寂しい。それは『仕立屋工場』と『アルジェントソーマ』だ。仕立屋は以前日記でも書いたので覚えている人もいるかもしれないが、インディーズの服デザイナーがコンペ方式で服を発表する番組だ。
 『アルジェントソーマ』は久しぶりに楽しみにして見た深夜アニメ番組。別に最初からちゃんと見ていたわけではなく18話くらいからたまーに見ていたのだが、登場するキャラがそれぞれタッテいて、話の伏線も破綻なく設定されていて作りこまれているなぁと感じさせる作品でした。最初見たときは、キャラも話も画面も暗いし、得体の知れない惑星外生命体襲来なのでEヴァの焼き直しかなと、思ったくらいでしたが、破綻なく話を終了させたという点はとても買う。とりあえず、DVDがレンタルに並んだら最初から見ようかなと思いました。
 番組の改変期はさびしいね。昔はそんなこと思いもしなかったけれど、楽しみにしている番組が少なくなったからかな。あたらしい番組が新しい楽しみを運んでくれるといいのだけれど。


3月28日

 銀だこチェック。
 実家でまったりしていたら新年度の転任・新任のお祝いの花を買いに行くので運転手になれとのご用命をうける。服の荷造りがまだなんだけれどねぇ。
 レジカウンターに、ぽんぽんが子供でいっぱいのお母さん猫が寝ている花屋で、胡蝶蘭やデンファレなどたくさんの花を購入&発送。季節のご挨拶や節目のお祝い。そういうのをかかさないにゃっち母だから、ファンが多いのだなぁと思うのであった。にゃっちはそういうご挨拶が下手なので駄目ね。タイミングとか外しまくるし、『こういうものを贈ってもいいかなぁ』と悩みまくったりするので、修行が足りないのだ。お礼状とか、手紙の出し方も、にゃっち母には遠く及ばない。修行するぞ!(×無限大)
 帰り道に先日行った複合型巨大買い物施設に立ち寄る。
 やっぱり広すぎるです。今回も全体を見ることなく終わってしまった。とりあえず食料品などをざっと見て、バシルの大袋と松の実を買い、晩御飯の材料を買い……そして、今回は話題のたこ焼きを購入することにしたのでした。
 「築地 銀たこ」なのである。いつ見ても行列のたこ焼き屋さん。(行列はにゃっちが見た地域限定です)この買い物施設付近に在住する秘密結社友達の評では、「好き嫌いが分かれると思う、私は苦手」……というものであったが、一応自分でも食べてみなければわからないモンね。
 外側がパリっとしていて、食感はスナック菓子のよう。外側がパリっとしているのは、焼き上げる直前に、たこ焼きの表面に油を注いで、揚げているからであり、香ばしくも感じられる。かつお節と青海苔は基本でつき、持ち帰りの場合はソースとマヨネーズのちび袋がつけられる。……にゃっち評としては「猫舌にはお薦めできない」である。あと、ちょっと油っこいかな。食感はいいけれど、それとおいしいは同義語ではないのでね。
 つーか、20分も並んで食べるレベルじゃないですね。たこ焼きなんだもん。待ち時間が、せめて5分くらいならもう一度食べてもいいなぁとは思うのだけれど。
 あうー、しかし、ここの買い物施設完全攻略したいものだ。旦那となら完全攻略できるかな。


3月27日

 実家に帰るのだ。
 服や化粧品、香水のコフレのコレクションなどをまとめに実家へ。でも、香水のコフレたちは新居につれていけない公算大。だって使わない香水ではあるからね。普段使っているムース、ただの化粧品だけでも大量にあるのに、使っていない眺めるだけの物品を、まだ片づいていない場所に持っていけば……気づかないうちに捨てられてしまうではないですか(笑)ただでさえ旦那が、勝負で勝ち取ったはずの本棚の場所が、占領されていることに怒っているんだからねぇ。
 夜になって旦那から「帰っているから荷物持ってきていいよ」との電話が入る。でも、まだまとめ終わってないんだよね(笑)とりあえず、手近にあった洋服などを大きな手提げにどんどん詰め込み、トランクをいっぱいにして車で新居へ。夜中なので40分ほどで到着できる。そして、新居にドカドカと物品を運び込み……
「これで全部?」の声に
「いーや、まだ服とかスーツとか靴とかたくさーんあるよ」と答えるのであった。
 冬物とかクリーニングしてから運びたいもんねぇ。新居に落ち着くのはまだまだ先なのかな。にゃふーん。


3月26日

 本棚には本がいっぱい。
 予定通り本棚に本をいっぱい詰め込んでおく。一応情けとして4段分だけ詰め込んでおいた。言語とかOSの本とかいろいろと重くて厚い本があるわけだし、積んで置くのも邪魔なのでね。でも、足りないな。なにせ旦那には某長大SFの蔵書があるわけですから。それだけで265冊くらいあったりするもんね。そのシリーズのために専用書架を買って欲しいくらいではある。とりあえず、いつかは買え。
 夕方はコインランドリーに行ってお洗濯。洗濯機はあるのだが、水道の接続部から水が漏れるのと、物干し竿がないのとで、コインランドリーを使うことがあるのだ。そこで一緒になった若い女性。仕上がった洗濯物を、乾燥機から無造作にゴミ袋にうつしていく。ふと、黒い物体が台の上に落ちた。『黒い下着か〜、やるな〜』と、スケベオヤヂ的発想をしつつチラと、そちらをみると、それは下着などではなかった。
 黒足袋なのだ。普通女の子がはくのは白足袋。踊りの稽古も、お茶の稽古も白足袋。踊りの稽古の時は時たま小紋や、矢羽模様が入ったりした色足袋という事はあるけれど、女の子は基本的に黒足袋ははかない。……女の子の洗濯物としてはちょっと変なのであった。むーん。踊りの師匠でもしているお父さんがいるのかな……?ちょっと謎ですなぁ、のひとこまでした。


3月25日

 爆睡。新居でまったり。
 宴会の後、始発2本目でばったりと帰って眠るのであった。夜になって本棚スペースをかけてジェンガで戦ったり。今まで全勝だったのに今回は負けまくりで、5段ある内の3段を奪われる。でも、入れてしまえばこっちの勝ちなのだ。旦那が出かけているうちに、どんどん本を入れちゃうのだ。くすくす。
 みてろよー。明日になったら15箱全部開梱して本棚に詰めてやるのだ。


3月24日

 午前中に大型家具の搬入。
 食器棚として活躍してもらうワゴン、服を入れる大型タンス、そして、にゃっちも旦那もぞっこん惚れ込んだソファの搬入。いやはや。新婚家庭っぽくなってきました。
 現在、家で自慢の逸品はソファです。すごーくいいです。くつろぎます。なんというかつつみこまれる感じ。来訪者には絶対すすめますから試してね。……欠点は立ち上がれなくなる事かな。タイトスカートやミニスカの人は体験座りが難しいでしょうなぁ。うむうむ。
 夕方からはバーチャロン系2次会。
 たくさんの懐かしいメンツがあらわれてうれしいのであった。急に日時を決定したので準備期間が少なくて大変だったけれども、予想していた以上に人が集まったので良かったです。でもね、やっぱり主役と幹事は一緒じゃ駄目よね(笑)あと、ドタキャンが結構出たのでかなりなマイナス収支でした。設定金額の時点で、すでにみんなに負担してもらっていたので、さらに負担してもらうのは心苦しいので旦那にかぶってもらってしまったのでした。すまん旦那。
 やはり、昔覚えた「幹事心得」とおりに、人数は少な目に予約するのが肝心でしたねぇ。
 店を出てからは上野のお山へ。
 バーチャロンをやる以前から持っていたブルーの宴会シートをひいて場所確保。
つまみと酒をもっと用意すれば良かったな。本当は実家にたくさん呑んでいない酒があるので、持っていきたかったのだけれど、重いのだ。かーなーり、重いので車でだったらもって行けたのだけれど、そうなると帰りが飲酒運転になってしまうのでワインを2本だけにした。でも、カートとかスーツケースを使ってでも持っていけば良かったな。アッという間に酒がなくなっていたもんね。その点は失敗でしたなぁ。
 早めに宴会を始めたので、長い時間、ひさびさにみんなとの話とかを楽しめて面白かった。途中、酩酊彷徨するメンバーもいたけれど、大体無事に宴会できたので良かったなぁと思う。また来年にでも宴会したいね。半年くらいの周期でできるのが一番いいのだが。次はやっぱり夏にビアガーデンとかかなぁ。企画企画。
 しかし、スーパー宴会部長『超幹事』の道はやっぱ遠いね。とほほ。
『超幹事』
 企業パーティなどではなく、個人企画の宴会で100人超えるモノを問題なく仕切り、赤字を出さないようになったら……この称号を得られるらしい。その他にも条件があるんだけれど、基本ラインとしてはそんな感じ。にゃっちはまだ53人参加の宴会が最高記録。見習いの肩書きがずっととれないのでした。今回は久々だったしにゃ。カンがなくなっていて困ったモンでしたよ。とほほ。


3月23日

 引っ越し荷物搬入日。
 搬入指定時間は9時から18時。午後にしておけば午前中眠れてばっちりだったなぁと思ったりしていたが、旦那の部屋に入ったらちっとも片づいていなかったので、午前中から現場に入って良かったのだと思うことにした。
 「さわんなよ。ちゃんと片づけるから」
 なーんて、口をたたいていたのは、どのお口?と、叱りとばしたくらい片づいていなかったのでした。きっちり本棚と机が入る分の広さだけしか、畳が見えてないところが泣ける。先日作成した、下駄箱にしようと思っていた連結ダンボールが、仕分けの箱に変身していたので、CDやケーブル類などをどんどん仕分けていくのであった。……しかし、ガンホルスターはまだいいけど、ガスマスクとか、覆面とか、スタNガンとか部屋に転がっているのはなぁ。男の人のヤンチャな部屋というよりは、発掘物品からすると強盗準備の部屋みたいな感じでしたな。スタNガンは電池があったらちょっと使ってみたかったり。他人に向けて使うのではなく、どれくらい痛いのか興味があるからなんだけれど、やけどと服が焦げるのが嫌だから、使わないかもしれない。でも、人から伝聞の使用感では小道具としての扱いがな……
 とかいうことはどうでもいいとして、引っ越し。午前中いっぱいスペースの確保と掃除に明け暮れてしまうのでした。表札は旦那の名字だけなので、自分の名字と併記したものをポストイットで扉に貼ったりする。と、大体業者出迎え準備が終わったところで……「スイマ」に襲われる(笑)頑張ったんだが、結局「スイマ」に負けちゃって10分ほど座ったまま意識を失ってみたり(笑)そうして、必死こいて起きたところで、やっと業者から電話。
 1時間後に来るというので、その間また眠らないように掃除していない場所の片づけを始めるのであった。……あーうー。なんでこんなにCDが多いのかな。拾っても拾ってもエンベロープに入ったCDがいっぱい。量としては300枚近いかも。ケースに入っていない分少ない印象があるけれど、ファイルに入っていたり筒に積み上がっていたり、その辺で敷物になっていたりしているので、のべ枚数ではかなりの量だ。
 そうこうしている内に、やっと呼び鈴が鳴って業者到着。家の前の道が狭いので車を一時停止できないから、一度荷物を下ろしてから再度来るとのこと。ぎゃふん。とっとと搬入してくれ。
 15分ほどして、若いにーちゃん達が階段を一生懸命上ってくる息づかいが聞こえるようになった。部屋のドアが開けた状態で止まらないので、洗剤の箱でストッパーにする。消火器がそばにあったのだが、先日消火器をストッパーとして使用したばっかりに、それが倒れて家財道具一式がパーになったというトラブル事例を読んだぱっかりだったのだ。まあ、気をつけないとね。
 一箱がかなり重いので小分けしたのにも関わらず、にーちゃんたちは2箱ごとで持ってきた。そして新居の階段はかなり急だ。息を切らしながらどんどん運んでくるのだな。とりあえず玄関まで運んでもらって、室内には一箱ずつにゃっちが運ぶのであった。まあ、本棚と机と布団は室内まで運んでもらったけれどね。
 おおよそ30分もかからず搬入作業は終了。最後にオオボケとして……
「すいませーん、伝票忘れて来ちゃったんでこっちの伝票にサインして下さい」
なんて事があったり。いいのか(笑)
 まあ、こわれ物とか問題があったときの連絡先もちゃんとくれたし……これでゆっくり眠れるにゃ……ぐー。


3月22日

 カレー曜日。
 引っ越し中日。掘り出した本を読みまくる。にゃっち母から「その本も新居に持って行くんだよね」と確認されるが、そんなスペースはないでござる。もっと整理して、売る本と残す本とわけないとダメだ。
 午後になって宴会参加者からのメールが来てないか確認しようと思ったら『メールが42通来ています』の表示がでてびっくり。
 転職サイトからのメールなどもあるけれど、多くてもにゃっちに来るメールは1日で5〜15通くらいなのでびっくりした。そして、内容を確認したら……いつも某花屋さんからのCMメールをいただいているのですが、そこへの『配信停止お願いメール』がメーリングリストのような状態で配信されてきたのです。そして、配信を読んだ人がまた『配信されていて迷惑』というメールを送って……さらにみんなに配信……また他の人が『間違ってますよ』とメールを送って、それが配信……結局20通ほど、そんなメールが続いて送られてきていたのでした(笑)
 あったまわる〜という出来事ですな。多分配信停止を一番最初にお願いした人のところには、すごい数の『まちがって届いてますよ』メールが届いているんではなかろうか(笑)一応、花屋さんからはお詫びメールが届いているので、いまは事態が収拾に向かっていると思っているけれど、しくじったね担当者。にゃっちも今度「配信停止メール」を送ることにします。
 夜は、更新作業再開。2月後半分の日記の書き上げ……いい加減更新したい。


3月21日

 引越作業の日。
 午前3時くらいから荷物つめを再開。すでにダンボールは15箱。うちわけは本が13箱、服は夏のみ詰めて1箱(スーツなどしわができると困るものは車で運ぶ予定)、ゲーム関係が1箱。その他、ビデオデッキがあったりCDラジカセがあったり。最近CDを全く聞いていないので、CDは要らないかなあと思い始めたり。でも、もともとの購入方法が、中古屋からレンタル落ちを買っているので、さらに中古屋に売り飛ばすことはできないのであった。難しい。
 にゃっちは大学生の時黒猫大和で契約社員だったので、ダンボールへの箱詰めのこつなどはお手のもの。ただ、ダンボールにきれいにガムテを貼るのができないけれどね(笑)
 朝になってなんとか箱詰めが完了し、掃除機をかけるべく待ってみる。運送屋さんから来る時間を確認する電話が来るはずだったのだが、かかってこない。適当な格好で、適当に部屋の掃除していたら、直接トラックが来たのでした。
「いや〜、午後4時までに来て下さいということだったので、先に来ちゃいました」
とな。……あー、格好が適当すぎるのではずかしいったら。髪の毛にも綿ボコリだもんね(笑)午後にしてっていったのに……
 にゃっちにも運びやすいように、ちび箱で玄関にまとめていたのでサクサクっと運ばれてしまう。スペース的に詰めないかなと思っていた、机も布団もみーんな入ってしまい、むしろ運ぶコンテナの中身がすかすかでもったいない状態でした。すかすかだと、荷崩れしたりするのよね。
 にゃっちは布団袋の中に『トロのぶるぶるクッション』を入れていたのだけれど、上に荷物が乗ったので、振動で崩れたりしないかなーとちょっと心配だったり。つーか、そんなものいれんなって事ね(笑)
 それから夜は池袋で秘密会議したり。
 話足りないけど、ちょっと状況がわかった。みんな結構某氏にたいして気遣いしてるんだねぇ、と思った。あと、とっても某氏が礼儀を欠いた行動をにゃっちだけでなく他の人にもしていたことがわかったり。がっかり……というよりも、怒りを覚えてる。ふぅ。


3月20日

 春のお彼岸の中日なので墓参り。
 道がとっても混雑するからという理由で、旦那に朝の7時に駅に集合してもらう。程なく出発準備がととのって高速に乗って墓参りに。さすがに早いのですごく空いてる。だが、駐車場には車がいっぱい、停められないかと思ったところでちょうど出発する車があり、絶好の位置に駐車できた。いつも通りに墓を掃除してなにかが足りないと母。
「あ、湯飲みがないよ」
 ……やばし。前回、正月に墓参りしたときに、にゃっちが割ってしまったのだ。今度もってくねと言っていたのに忘れちゃったということ。ゴメン父。次回はお盆かな。今度こそ忘れないようにしておくよ。
 午後は食器・厨房用品のメッカ合羽橋に行きました。
 友達が来たとき用、アイスよそい用、冷やしうどんめんつゆ用……等に使い勝手の良いガラスコップを旦那に購入していただく。あとでパチもんが1個100円で売っているのを発見してショックを受けるが、パチモンの方が重いし、口の当たる部分がイマイチのできだったので、心の平安を保つことができた。
 祝日だったのでやっているお店が少なく、楽しみ半減だったけれど、でもいろいろ欲しくなるものが多かったよ。あと欲しいのは、シンプルで暖かい色の大皿。直径30センチくらいあって、平らでなくちょい深さがあるもの。それからちゃんとした漆のお椀。普段使いのと、ちょっと大きい雑煮用のお椀の2種類が欲しい。そして、どんぶり。うどんにもラーメンにも使えるもの。今日いいものも見たけれど、いっぺんに買うと持っていくのが大変に。開いていない店にもいいものがあるかもしれないので、今回はガラスコップだけにしました。
 その他にも、結婚式招待状を作る前にここを知っていれば〜的な店があったりなど、収穫が多い一日。やっぱり平日や土曜日に来ないと堪能できないね。またこよっと。
ここを知っていれば
『浅草紙工』というお店。1階に招待状用ペーパーアイテムのコーナーがあって、封筒と紙が5枚セットなどで売っている。紙の種類はハンズや伊東屋ほどではないが、結婚式招待状や開店招待状には充分な品物ばかり。洋封筒100枚セットとかいうのも市価の半分近くの値段で手にはいる。生活雑貨なども売っていて、今回ヴィダルのムースを98円で手に入れたのでちょっと嬉しい。


3月19日

 『HERO』最終回。一応見逃したのは1回だけ。
 話よりは演出、カメラワーク、音楽に助けられていると思う。話は設定はいいけれど、ステレオタイプではあるし、見ていて矛盾なく楽しめるタイプではありました。それとも、話を感じさせず、キャラを立たせるだけの話だったのか。演出やカメラワークがリズミカルで見せ方がうまいということなのかな。楽しめたけど、ずっと心の中に覚えていられない話でした。
 とりあえず、音は主題歌がエンドレスという形でなかったのは、今回のドラマで良かったと思う。BGMもいいできであったし、サントラが2月下旬までに出ていてくれれば、結婚式の新郎退場で使えたのに……ちょっちかなしい。
 結婚式といえば、その関係でいろいろなことがあって、『愚痴聞きの壺』(宗教団体が売るような幸福の壺みたいなものと思ってくれればいい)が欲しい今日この頃。人に詳細を言うのははばかられることばかりだけれど、結婚したからといって100%幸せだけではないし、私たちの幸せ公表の関係で、不愉快な目にあった人も少なからずいたわけだ。でもね、不愉快な事があったからといって、それをわざわざ……いやさ。
 すべては書かなくても良いことだけれど、今の気持ちとしては澱がたまっている。あなたは『お祝い』の気持ちを持っているわけではないですね。こころのない儀礼的な言葉。その上での、これ以上なく友達としての関係を壊す素晴らしい発言。ため息出ちゃう。周囲の人に『警戒警報』を発令したい気持ち。
 大切なお友達だからこそだったのに、大切なお友達としておつきあいしたいと思っているからこそのご招待だったのに。自分のことを『非常識』だと謙遜でいうならまだしも、今回は本当に常識のなさを痛感させられてしまった。
 おかげで『結婚する』ことで見るダークサイド以外のことで、打ちのめされたり。ちょっと今、何をその人から聞かされてもダメだと思う。一番メインの問題がこころの中をジワジワとむしばんでる。その問題はもう、常識というか人間関係の基本としての問題だと思ってる。
 大人にならなきゃな。
 まず、自分から大人にならなきゃな。でも、もう、仲良くできないわだかまりが、私の中で生まれているのを感じている。やっぱり世界中のすべての人と仲良くはできないね。聖人じゃないからさ。
 とりあえず今回は、時間が感情を漂白してくれるのを待つしかないかもな。
 一度口にした言葉、書かれた言葉は記録から削除されても、『それがなされた』という事実は時の中から削除されることはありません。とりあえず、私は言葉の一部を拝見しました。そして、あなたのお祝いの言葉はただの儀礼であると判断せざるをえなくなりました。「こんなやりとりはメールでなさい」との、発言もあるかと思いますが、『あなた』を特定した発言はありません。私の日記は私の思うことを書くものです。
 いま、私のこころの中で『あなた』の手紙の中の発言が重く負荷を増しつつあります。そして、私は周囲の人に特定対象を知らせることなく、この問題が存在しこの事柄にたいして思っていることをかなりはしょって伝えたいと思いました。日記は、公開されるものが前提で書かれるものという意識でありますし、ここは私の『愚痴聞きの壺』でもあるのです。……詳細な愚痴をお聞きになりたいという勇気ある方がいらっしゃいましたら、面談のみで受け付けます。メールでよろしく。

3月18日

 チャロン系2次会会場選別。
 にゃっち姉にお勧めされた会場に食べに行く。値段としてはちょい高め。店の雰囲気が照明暗めのデート仕様で、ソファにミニクッションなんかがあるくつろぎ仕様なので2次会に向かないと判断して撤収。ホントはパーティ用の個室があったりするんだけれど、そっちはすでに予約で埋まってしまっているのだ。まあ、そのうち使うかもね。とりあえず、2次会の後に同じビルの地下にある、1コインバーとかにいってみようかなぁと思う。その店は、以前その建物が銀行だったとき面影を残し、地下は貸金庫室だったのだが、その時のままということらしいのだ。面白そうでしょ。
 つづいて、近隣の居酒屋を探して回る。箱が大きいので『O将』にしてしまう。2次会というよりみんなと会って、呑みたいという方が強いので確実に味がわかっていて、飲み放題があるとこにしたのでした。うーむ。しゃれっ気ないねぇ。
 どうにか、会場は決定できたので、ネット手紙大量発送。一気に20通くらい発送。でも、呼びたいけれどメアドがわからない人とかもいたりして。
 笑っちゃうのがBCCで発送していないこと。実家の方のメールソフトはなぜかBCC機能がないんですよ。で、メッセージをつけたりした人もいたので、結局いっこずつ打ってみたり。気がついたら夜が明けてるものなあ。……というか、夜明けが早くなりましたね。春なんだね。


3月17日

 本の選別作業一色。
 読まないことを第一に、選別作業に没頭する。結構シリーズものがそろったので一気に読みたくなるが、そろったけれど持っていかないと決めたシリーズが多すぎるので読めない。数少ないエッチマンガはどうするか考えたが、たかだか10冊にも満たないし持っていくことにした。怒られたらどっかにあげるか、考えるということで。
 昨日持っていくのを止めようと思っていた、永Nのりこはちょっとだけ読み返してやっぱり持っていくことにした。やっぱりメガネ君とかメガネっ娘という属性は業なので辞められない気がする。その他にもアラーキーの写真集とか、デザイン関係の本とか、辞書が何冊か。持ちきらん。
 それで、積み上げしダンボールは9箱。まだ持っていきたい本がたくさんあるんですが。とりあえず箱がなくなったので、作業は停止に。どこのスーパーに頑丈な箱が落ちているか調べないと。……む。床一面本だらけで、どこで眠ったらいいやら。どうすっかな。
エッチマンガ
某草の根のネットで知り合った方が漫画家で、その筋でいまも活躍中なのですよ。最近のつきあいはないですが、たまーに新刊が出ていると買ってしまいます(笑)最近はOKAMAさんとかの絵が好きだけれど、話はいまいちかな。一押しはすえひろがりさんの『CIRCLE』おもしろかったっす。


3月16日

 お引っ越し〜お引っ越し〜。
 ようやく引越の準備開始したわけだったりして。
 黒猫大和の小さな引っ越し便とぼくの引っ越しという組み合わせで注文。当日搬入システムじゃないけれど(同一営業所範囲内などの近距離であれば当日搬入になる)、持てないものは机と本棚だけなので、この選択になった。赤帽車より積めるので(赤帽さんもたくさん積める車もいるよ)料金システムも安い方だし、決定しました。時間はアバウトだけれど、午前午後という区切りなので何とかなりそう。荷物も少ないしね。
 結局、気心知ってるし、システムをよくわかっている商品になってしまった。さーて、これからたくさんの魔の本を梱包だぁ。マンガ図書館チックだったので、かなり大変です。永Nのりことか、樹Nつみとか、槙Nさとるとか……処分しようかな。
 あと、トロMール始めてみた。うちのトロは「部屋の掃除していたら1万円札見つけちゃった〜」とか言っててういやつにゃ。ROYの部屋を掃除すると、ありそうなこっちゃ(笑)ただし、小銭だけしか落ちてないけれど。自分の誕生日までメールサービスがつつくと良いにゃあ。

 余談。 ……SガのO川会長死す。週明けの株式はSガは売り一色になると思う。経営は厳しくなるし、倒産するかもしれないね。




3月前半のにゃっちは?日記のTOPへHOMEへもどる