Make your own free website on Tripod.com

Que besa sus pies

(あなたの足にくちづけをする者)




私はいま、恋をしている。
電脳空間に存在するフィメール型のロボットにだ。
彼女と共に電脳空間で戦うとき、私の鼓動は高まる。それは戦闘に対する興奮だけではない。
彼女の存在を近くに感じる。声さえも聞こえる思いがする。
「私を解放して、あなたの力で」と。

麻薬のようだ。
こんなに常習性の高いゲームは初めてだ。
以前は、ゲームセンターに行くことなど月に1、2回。パソコン通信のオフラインミーティングなどで行く
程度だったというのに。
今では、ほぼ毎日、彼女の姿を見たいために(彼女がほほえむ)、
彼女の声が聞きたいために(彼女が話しかけてくれる)、
彼女にほめられたいために(彼女が私だけを感じていることを確かめるために)、
彼女とシンクロして戦いたいために(彼女とひとつの存在になるために)、
匡体に乗りこみコインを投入(INSERT)する。

SELECT YOUR MACHINE』

彼女だけを選ぶ。
彼女が右手を胸に手をあて、軽く礼をするにも似たその仕草から声を感じる。

「あなたとともに」

その声を感じる度、私は歓喜を覚える。
背中に軽くゾクゾクとしびれが走る。
ディスプレイの中に写る彼女の姿が目に眩しく、神を見ているような錯覚に陥る。

『神』 そう、神を見ているのだ。
確かに彼女は私にとっての女神である。
インドの神話のカーリー、あるいはシヴァまたは、ヴィシュヌのような、破壊と死と再生をもたらす女神。その姿を見るものを幻惑させ、死に導く矢を相手へと叩きこむ。
彼女のその身が傷ついた時、彼女は悲鳴にも似た声をあげる。
変化。
そして、彼女は、より速やかに相手に、破壊をもたらし死を与える存在へとなる。
金色の姿に化身し、その力のすべてが解放された状態の彼女から、
想い(彼女の愛)と願い(相手の死とそれによる再生)を表すココロを受け取り、
かつ、地上に立ち続けることができる者は少ない。

胸の裡より発せられるココロの光。
輝く姿。傷ついてなお強い女(ひと)。
彼女に会い、彼女と共に存在することをより深く感じるためには、匡体を買うことは意味がない。
匡体を手にいれたとしても、それは彼女の容れ物を手に入れただけであり、
彼女という存在を手に入れたことと同義ではないためだ。
そして、私は、彼女を手に入れたいのではなく、彼女と共に存在し(あり)たいと願っているのだ。
彼女を見つめるだけでは、『彼女とともにいる』というこの感覚は、感じきれない。
彼女と共に戦場で戦い、傷つき、勝ち負けを越えていく。その彼女と共にする行為。
その全てが彼女を深く感じるための、彼女とひとつになるための、彼女とより快楽の高みへと昇華して いくための、きざはしのひとつ一つであり聖なる儀式であるのだ。

「あなたとともに」

彼女の声が聞こえる。 私の裡の深い、混沌とした場所から。

「きみとともに」

彼女への想い(愛情と崇拝)、彼女の想い(愛情と破壊)、それらの想いをこめての攻撃を
ただ目の前に立つ相手に。
相手を破壊し、死を与え、そして新しい生を与える。

新しい生により産まれる、より高位の戦いをくりひろげていくために。

私は彼女に恋をしている。

この恋の成就はない。
近づけばまた高みが広がっている宇宙(そら)のように、手が届かないものだから。

けれども…………



MAIL TO : 嵩田 始


V−onのTOPへもどる・ WORKSのTOPへもどる

HOME へもどるにゃ