Make your own free website on Tripod.com

9月。うごうごにゃっち。いろいろたくらみ中?

日記のTOPへ行くのにゃ・HOMEへ戻るにょ
昼夜逆転。10月のにゃっち



9月30日

 通販、再トラブル(笑)  アメリカから代わりの品が届いた。が!包みを開けたらまた同じ品が入っていたのだ!げひょーん。
 どうも書類の書き方が違ったんだろうなと見当をつけ、再度「東京事務所」へ電話して「書類の書き方」を聞く。係の人に丁寧に教えてもらった。果たして書き方は間違っており、「第一希望の色」と書かれたところに欲しい色番号を書いてもらえないと、その色のは届きませんとのこと。在庫はアメリカにはまだあるとのことだったので、再度返送することにした。同じ色のセーターは2枚もいらんのじゃ。今度はちゃんとヘーゼルナッツで来いよ。
 そして、親指タイタNック。
 レンタル屋さんで借りたビデオ。パペットなどでパロディを作るというのはあるけれど、これは親指。親指に衣装を着せ、カツラをつけ、目と口は合成でつくられる。背景なんかもCGも使われていたりして、結構ローテクに見えてハイテク。筋は、例のタイTニックのパロディ。せりふ回しなどはややHめかな。
 途中、セリーヌ・Dィオンのパロディなんかもありかなり笑える。タイTニックを一度見た人は見てもいいかも。やっぱりパロディなので、これだけ見てクスリとはできないかな。一応メイキングも入っていておもしろかったっす。先に出ている「親指ウォーズ」(こっちはスターWォーズのパロディ)もあったので、今度ビデオ屋で借りてみよっと。
 夜になって、明日のイベントに備えていろいろ準備していたら、母上から文章の再構成と推敲を頼まれる。箇条書きしてある文章を普通の文章にし、推敲するもの。しかも、人様の一生に関わっちゃうタイプの書類に書くための文章。午前2時に明日配るチラシなどの準備がなんとか終わってから、書類と関係資料の下読みをし、文章を考え始める。と、やっぱり1時間などで終わるたぐいの文章ではなかった。バッチリ夜明け。
 完徹。救いは今日起きたのは、午後3時頃だったということくらいか(笑)
  

9月29日

 かぼちゃこがす。
 久しぶりにかぼちゃを自宅でたいた。普段は焦がすし余ってしまうので、スーパーの総菜部で売っているものをよく食べる。最近ではただの「かぼちゃの煮物」ではなく、「かぼちゃのいとこ煮」(かぼちゃと小豆の煮物。うまうま)があって、そっちをよく購入している。繊維も取れるし、おいしいよ。
 先週大きいスーパーに行ったとき、かぽちゃが4分の1で150円だったので購入。それでたくことになったわけだったのだが、にゃっちは毎度毎度焦がすのだ。だしと、みりん、ちょっとの砂糖を入れ、今回は注意深く一番小さい火でたくことにしたのだが、……こがした。その間にゃっちは何をしていたのかといえば、実家パソコンで更新準備。はふーん。
 負け惜しみをいえば、味は良かったということぐらい。味はいいんだけれどねぇ。


9月28日

 ひさしぶりに、はがきで懸賞書き。
 チョコレートについていたクーポン券で応募できるものと、テレビ番組の宿泊券、新聞にのっていた商品券、某社の現金へ応募。一通書き始めたら、これもあれも応募してないやと思って書いてしまった。
 最近、全然書いていなかったので、あんまり当たっていないのよねぇ。前に出していたときは、3,40通を一ヶ月で出して、1個か2個当たる程度。ドリCャスも応募したけれど当たらなかったなぁ。なぜガンガン応募していたかといえば、手紙もDMも一通も来ない日々が続いていて、こころ寂しくなっちゃったから。なんか、とるに足らない人扱いされているような気がしてね。そんなのは気にしすぎなんだけれど、手紙が来ないのも結構さびしい。
 つーわけでたくさん書いていたおかげで、最近はたくさんDMがたくさん来て楽しいですわ。面白い情報とか、割引券とかついていたりするし、まあまあいい感じかも。いつかはハワイ旅行とか、ダイヤモンドとか当ててみたいにゃあ。出さなきゃ当たらないけど。


9月27日

 グッズ完成。
 インクが完全に乾いたようなので、ミニトートバッグにアイロンがけ。高温のアイロンを1分以上あて布をした上からあてるとのこと。問題はアイロンを何処にしまったか……。にゃっち宅では普段アイロンを使わない。シャツなども干すときは手アイロン(両手でパンパンとする)をするのできれいに干し上がっている。家で着るものは別にアイロン要らないし……で、アイロンをしまって何年かたっているのである。
 最後に使ったのはいつのことだったか……実家を探検し終わって、にゃっち部屋へ。なんかしらんが押し入れにその姿を発見。あて布としてハンカチを使い、それぞれにアイロンをあてる。なんとかできたねぇ。うむうむ。一緒に取り扱い上の注意などを書いたペーパーを入れることにしたので袋詰めは後日。
 サイトに載せたり、ペーパーで使えるようにデシカメでバッグの写真を撮ることにした。いつもサークルスペースで下敷きにしている布をバッグにして、10枚くらい写真を撮る。白地に紺色のインクなので黄色いものと一緒にとったら映えるかもと思い、昨日買った抱っこいぬ枕と一緒にとる。ついでに「大きさの比較として」安売りしていた50円バナナともとる。これで減色したとき、色バランスが取れやすくなったかな。どっちもかわいく撮れたので、いぬくんはサイトで、バナナは当日の看板として使うことにする。あとは減色の鬼となるだけ。10Kb以下にしたいですにゃあ。(結局6.14KBに落とせた。それ以下にもできたが、多少モアレが出てしまったので使用せずです)


9月26日

 新世界のぞき見。
 『エSテ・デ・ミRード N川G店』ビルの6階にあるお店だ。行ってみたら痩身の店と託児所なんかも併設されていて、主婦が来やすくなっているつくり。ドアを開けると安いけどゴージャスそうに見えるインテリア。ゴールドをアクセントに大理石プリントの床。ベージュ系でまとめられている。
 予約していた時間の5分くらい前についてお店に入ったのだけれど、受付の人はいまいち対応が雑。予約しないで来ても、あいていれば施術できたような感じだ。ソファで少しだけ待たされ、その間お客さんウォッチング。なんしか普通の人が多い感じだ。ウォーターな感じの人は一人だけしか見なかった。夕方には高校生とかも来たのでビックリしたが。
 カウンセリングの後、頼んでいたホワイトニングをということになり、カウンセリング。
 受付横の2.5畳くらい小さな部屋に通された。カウンセリングといってもアンケートがメイン。名前、生年月日、住所、家族構成(年齢と職業だけを書くもの。にゃっちは事実でなく適当に書いた)に始まり、ご飯は何時に食べるのか、あなたの性格はどんな言葉が当てはまりますか(神経質・積極的・消極的など言葉があって、それを丸でかこむ)、生活習慣はどんな感じか、石鹸、シャンプー、トリートメント、基礎、ファンデーションなど化粧品は何を使っているかなど、後はアレルギーの有る無し。などの質問が書かれた表を書いていく。
 にゃっちはいつも使っている化粧品のメーカーはわかっても、そのブランド名を忘れてしまったので、とりあえずメーカー名だけ書いておく。基礎化粧とファンデはコーSー、下地とシャドウ、口紅はCリスチャンDィオールだ。
 書き終わった頃に再度担当となる人がやってきて、名刺をいただく。Tさん。肌もきれいだし、笑顔もすてきでいい感じだ。普段使っている化粧品をもう少し詳しく聞かれ(朝の洗顔は洗顔石鹸ではないのですか?→夜は洗顔石鹸ですが、朝は普通の石鹸です。とか)、今日エステに来てみようと思ったきっかけは?など、質問を受ける。15日に焼けてしまった肌は、眼鏡をかけているときはわからないが、結構そばかすだらけ。じつはうっすらシミもあるのだ。これに危機感を抱いたので、ちょうどチラシを見て来てみましたと答えた。(これは本当)
   顔の施術なので、上半身を着替えるとのこと。にゃっちは開襟シャツだったのでそのままでもOKではないのかなと思っていたけれど、違った。マッサージもしてくれるので肩口くらいまであけることになるのだ。ロッカールームに案内され、そこでタオルのガウンに着替える。サイズは多分フリーサイズだが、にゃっちには下の方が微妙に小さい。はだける感じだ。ロッカーは電子錠で、ホテルなどによくある「自分で暗証番号を入力して鍵にする」タイプのもの。中にはスリッパとガウンが入っており(ガウンは毎回交換されるようだ)、コートとバッグと手荷物が入る感じでやや大きめ。靴からスリッパにここで履き替える。
 着替えると、担当の人が来て施術室へ案内してくれる。フェイシャルの施術室は12畳くらいの部屋を3つに仕切ったもの。仕切りはちゃんとした壁。照明は白熱灯系の光で、間接照明。パーティションのそれぞれに大きな椅子があり、正面には版画が飾られている。椅子は歯医者で良く見るようなタイプで、かなりゆったり目のもの。椅子に座るとひざに大きな白いバスタオルをかけてくれた。ちょっと冷房がかかっていたので、これで冷えすぎないですむかもしれない。
 歯医者のように電動でゆっくりと椅子が登っていったところで、髪をよけたり(タオルでくるむのだ。ギューッと)、肩口までガウンをあけて、さらにガウンのえりもとをタオルでくるんだりする。
 それから施術開始。にゃっちはメイクをしていたので、まずクレンジングから。目元、口元のポイントメイクを軽くマッサージしてクレンジング。それをコットンでふきとってから、全体を泡でくるくると洗い落とします。それをスポンジで拭き取ってから、蒸しタオル。次はスチーム。熱すぎず、冷たすぎない蒸気が顔に当てられる。が、にゃっちむせそうになった。乾燥している室内にいたのに、急に蒸気がいっぱいの空気を吸い込んだので、のどの奥がゴロゴロとエヘン虫が大発生してしまったのだ。いやー。ゲホゲホ。
 スチームしながら、毛穴の汚れ吸引。最初は大きな口径の機具、続いて中くらいの、最後に小さいので毛穴をキュポン、キュポンとすっていく。どれくらい汚れがとれていたのかな。やっぱり、多かったら恥ずかしいよね。
 次は、アロマオイル(?)でマッサージ。リフレクソロジー(足ツボマッサージ)のお店で、使われているオイルとほとんど同じニオイがした。多少ゼラニウムが、きつく感じられたけれど確証が持てないな。顔をくるくるとマッサージした後、首や肩などをギューッとマッサージしてくれる。激イタイ!弱めてもらったよ。トホホ。マッサージの後は、また蒸しタオル。そして、今度はひんやりしたパック。美白のパックらしい。目の上には化粧水が含まれた(?)コットンを乗せ、10分ほどそのままになる。ちょっと暗くなるので、すごーくねむくなる。他のブースでも施術中の人がいるのだけれど、それはあんまり気にならない。聞こえるのもエステシャンの人が、「これから何々しますよ」と話しかける言葉だけだ。眠くて、意識がおちてしまうとこでした。
 最後に、首の後ろなどを蒸しタオルしてから、保湿なのかクリームをくるくるっと塗る。それでおしまい。結構あっという間の1時間だったのでした。
 施術後は再度ロッカールームで着替え。……このロッカールーム、実はすごかったんですね。化粧品完備。化粧水、下地、ファンデもパウダーも完備。無いのは眉毛書き、アイライン、マスカラ、口紅。ドライヤー、ムース、ミストもあるので、ここで自分でフルメイクしてどこかへ出撃するのも可能。でも、ファンデのパフは使い捨てではないので、使い放題のコットンを利用して塗るのがいいかも。化粧ブースは8個くらいあるので、結構ゆっくり化粧直しができる。にゃっちは「眉毛なしで帰るのはな」と思っていたので、眉毛かきと口紅だけは持ってきていたので、ちゃんとフルメイクして帰ることができました(笑)
 終了後は、再度カウンセリング。エステティシャンから肌の状態についてのコメントが聴ける。にゃっちは「きめ細かく、白い肌、タルミはない。確かにそばかすなど日焼けによるトラブルが見えるけれど、まだ深刻な状態ではない」とのこと。これからホワイトニングケアをしていけば、ずっときれいな肌でいられるでしょう。……ですって。
 今回したフェイシャル・ホワイトニングケアの正規料金は1万2千円(!)にゃっち的には3千円だったら続けてもいいかな……という気持ち。職業「無職」と書いたので、あんまり勧誘はされなかった。にや。
 結論として、やっぱり高い!回数券割引などがあるとのことだったけれど、買えないので金額は聞きませんでした。痩身は、エアロビクスなど個人に合わせてメニューづくりをするようだが、ダンスはにゃっち無理である。まあ、お金と時間が余っているなら、エステに行くのもいいかもねぇ。あんまり豪華お姫様気分にはここではなれなかったけど、サービス、テクニックはまあいいと思う。これでもっと値段がなぁ。1万2千円って、にゃっちの去年働いていた所の日給より高いんだぜ!ぎゃふーん!


9月25日

 ロボケの案内が来る。
 申し込んだのは9月11日、イベント開催が今週末なのでいつサークル参加の案内が来るんだろうと思っていたら、やっと来た。
 参加できるのは、インターネット上で確認とれていたけれど……。ちょっとひやひやでしたわ。「ギリギリに申込書出すアンタ(自分)が悪い」とつっこまれれば、当たり前なんだけれどね。
 でも、楽しみだなぁ。どんな感じなんだろう。


9月24日

 風邪っぽい。
 でもDらQえする。しかし、集中力が続かないので、どこで何を聞いたのかを忘れる。「そういえばさっき宝箱が見えていたかもしれない」という感じなのである。
 コントローラのコードが長いから、布団に入ったままでもプレイが続行できる。いいのか、わるいのか。とりあえず「悪」ということで、ちゃんと寝ることにした。休める無職でも風邪は敵だよ。医者にかかる金もないんだもん。


9月23日

 おはぎ腐る。
 昨日、近所の和菓子屋で購入したおはぎが死亡していた。まあ、添加剤、防腐剤なしの商品であっても夜(19時)買ったものが、翌日朝(10時)に腐っていたら問題でしょう。気温もそんなに高くなかったし、よってお店に行って交換。
 そしたら、店の人は「いままでこんなことないんですけれどねぇ……」との談。そりゃ日本人たるもの、なにかいやなことがあれば直接言わずに、そのまま遠ざかるものでは。この場合だったら、「おはぎはすてて、2度とその店では買わない」となるだけでしょう。わかってないな。しかし、家の近所でちゃんとした本当の和菓子を置いているのは、この店だけになってしまったのでここに行くしかない。交換してもらったおはぎは、すごく薫り高いうまうまな逸品でした。やっぱこの店でないとねぇ。
 午後はナンジャに行ってパワーアップ蚊取り豚に搭乗。新種のアマゾン蚊はなかなか手強い。ダメ社員としてランクされる。ムキになって何度か挑戦したんだけれど、やっぱりだめ。シューティングの腕が落ちたかと思って、スパイ候補生になりにいく。腕はやっぱり落ちてるようだ(涙)300点だなんて、スパイ失格ですにゃあ。
 夜は「漫喫」で徹漫……と思っていたが、のどが痛くなって熱っぽくなってしまったのであきらめる。まあ、頭文字Dも一通り読んだし、次は……?と思っているので、おとなしく寝るとするかな。


9月22日

 グッズ作る。
 10月1日に出るイベントあわせで本を出せそうにもなくなったので、グッズに転向することにした。近所の百円均一に運良く白地のミニトートバッグが入荷していたので、それを土台になんしかロゴとかマークを入れて商品にしようと考えたのであった。
 以前、やってみようかなーと思っていた「プリントゴッコ布用インク」での印刷。これまた運良く、近所の文房具屋さんに在庫があったので速攻購入。バッグの持ち手が紺色なので、青から紺色にグラデーションしたらいいんでないかい?と思ったが、紺色のインクはなかったので黒と混色することにした。
 でも、ちゃんと売れるかどうかってのは、図柄が決めてだよな。もともとのバッグが中にほつれどめのバイアステープが貼ってあったり、ミニポケットがあるなど、意外にちゃんとしたバッグなので、へんてこな図柄だったら改悪になるだけ……にゃっちは絵が下手……細かい絵はつぶれやすい……など、いろいろ頭の中をデザインがグルグルする。
 いつもだったら瞬間的に、こんなデザイン、こんなレイアウト!……と、浮かんでくるんだけれど。今回はとっても悩んだ。相方からは「以前使ったカットの流用はよしなさい」との通告を受けていたし、オラTンはキャラクターが多すぎる。ジグラットとタングラム……なら、ヤガランデとブラッドスだろうし。くはー。にゃっちはフェイしか書きたくない(書けない)、いつもの絵日記の絵柄だとかっこいいバッグにはならない。持っていて他の人もほしくなるようなかっこいいデザイン、それでいて普段のちょっとしたお買い物にも使えるさりげないデザイン。でも、バーTャロンだと見る人が見たらわかるもの。……そして、にゃっちの作製できる力量に見合ったもの(笑)
 いや、力量に見合わないものだったら、いくらでも考えつきますがね。でも、力量はきちんと見極めて、ちゃんと仕上げられなければ、やはり改悪になってしまってバックは売れない。
 というわけで、結局シルエットを利用したものになったのでした。本当はロゴのところもグラデーションがかかっていて、もうちょっと色がうすくなるはずだったのにな。紙に印刷した時はちゃんとグラデーションが出るんだけれど、目の荒い布だったからやっぱり風合いが異なってしまったよう。次回(作る機会とかあるのか?)はそこも考慮しないとね。
 さてさて、あとはインクが乾いたらアイロンがけ。と、いうわけで、アイロンを家の中から発掘しなければ。


9月21日

 DラQエ開始。
 1本道ゲーム。どこで次のシナリオのヒント聞き落としたのか、わかんなくなるゲーム。にゃっちは某「大人の手段」を利用して、友人から社内販売とかゆって安くして売ってもらい発売の翌日には手に入れていたくせに、今日から始めるくらい気合いが入っていない。(発売は8月26日でしたね)
 そして、RPGって始める時、長いシナリオ(プレイ時間)であればあるほど、気合いが必要だと私は思っているのであった。はふーん。
 しかも、のっけからにゃっちは詰まってしまったわけですよ。5時間ほど、「魚鐘」周辺をうろつきまわっていたですよ。ポケットから落ちた「あったか石」はおじさんに返していたし、そりゃすすまねーでしょうね。
 やっと最初のシナリオに入ったところで夜が明けてしまい、また完全昼夜逆転生活を始めてしまったのを自覚するのでありました。
 かつて、プレステのおまけについていた「Xノギアス」の試用版(普通なら30分くらいで終わるもの)を、3時間もかけてやっていた人間なんだから、今回もきっと100時間なんかじゃ終わんないよね。にゃふーん。


9月20日

 新世界覗き見の予約。
 新聞に入っていたチラシのエステを体験予約したのだ。やるコースはフェイシャルのホワイトニング。まあ、美白術をしてもらうというわけですな。
 先週のバーベキューのあと、顔が今すごいことになっているのだ。真っ黒に日焼けしたわけだけれど、よくみると肌がしわしわになっているのである。細かいしわが目の下や、鼻のまわりなどの一番日焼けした場所に発生しているのだ。
 一応、普段使っている基礎化粧品だけでなく、試供品でもらった美溶液なども使っているので、しわは治まってきているけれど、しみとそばかすがじっと見ていると、肌の上にしっかりといるんですよ(涙)いろいろと美白グッズは持っているけれど、あんまり根気良く続けたことはないし、べたべた感のある物が多いので(多分べたべたは保湿成分由来の感触)使っていない。
 が、もうだめだ。本気で危険だ。最近、お肌の回復力がとみに悪くなっているのだ。……では、どうするか。
 というわけで、エステの体験コースをはしごすることにしたのである。いいお店がみつかれば、そこで月に何回かやれるようにしていけばいいのだし。まあ、プロの勧誘の話術も聞いてみたいしね。(にゃっちもそれなりに話術スキルはあるが、それは基本的に宗教勧誘に対しての断りの話術スキルなのだ)
 予約は来週の火曜日。本当にきれいになるのか。男のソープ、女性のエステというが居心地はいいのか。通常料金はいかほどか。化粧品をかわされたりしないか。肌にはあうのか。にゃっちは施術ベッドから転げ落ちないか。おねぇちゃんはにゃっちごのみの人達か……など、いろいろ疑問を解明するために、新世界をのぞきに行きたいと思います。楽しみだなぁ。
 あーうー、それにしても日焼けした部分がまだ痛いのだ。だから、来週にしたんだけれどさ。いい店だといいなぁ。


9月19日

 風邪っぽい。
 ここ数日、咳こむことが何度かあったのだか、どうも風邪をひいたようだ。寒気がして体が妙に熱く汗がじっとりとにじみ、なんだか視界がぐらぐらする。
 最近、クーラーが寒すぎると思っていたので、消したりつけたりしながら寝ていたら、調子が狂ったらしい。にゃっちはいつものどか、お腹にくる風邪をひく。昔は普通にルルとかコンTックとかをのんでいたけれど、それらの欠点は眠くなること。今は無職だから、一生懸命眠って治せるけれど、去年まではそうじゃなかった。
 そんな中で、飲み始めたのは改源。漢方系なので、眠くなる成分は特に入っていないみたい。粉薬なのでのみにくいけれど、苦いのが効く感じがして最近はずっと愛用している。あとは体を温めるもの……しょうが湯とかのめば完璧……なのだけれど、すでに体力低下でつくるのがちょっとめんどい。まだ重大な状態じゃないけど、ひき始めが肝心だもんね。
 ……と、いうわけなので薬飲んで寝る。おやすみなさい。


9月18日

 税務署から呼び出し。
 にゃっちに呼び出しというわけではないが(大体にゃっちは全く稼いでいない。去年の年収はベンツのAクラスも買えない程度)、代理で行くことになった。
 マキちゃんみたいな、ぼよよん税務官が担当だといいな……なんて思いながら、指定の時間に窓口に到着。にゃっちの担当は、にゃっちとけっして目をあわさない中年男性。ものいいは柔らかなものの、追及の手をゆるめなさそうな気配。呼び出された内容自体が、にゃっち達には不明だったので、まずどんな件なのかから聞くことにした。そしたら平成10年度分(!)の所得で、申告していない疑いのある所得がありますとの事。さすがに自分の所得ではないので、詳しいことがわからず、再度その年の確定申告の資料を確認してからくることにした。
 しかし、平成10年の所得……今更言われてもなぁ。追徴があった場合の延滞税の利子がイタイ気がするよ。そういうのって、もっと早く連絡くるもんじゃないのかなぁ。あと、税務署って税金を払いすぎた場合って、自分で申告しないと還付してくれない。今年は一円も稼いでいないので、税金は払っていないが、住民税や県民税の徴収は容赦なくやってくる。払いたくない……
 ただでさえ、日々の消費税だって高いなぁと思っているんだから。消費税をなくしますと主張していた政党はどうしたのだ。税金が高くても、それに見合っている行政サービスがあるなら納得もしようものだが、今のところそうは思えない。隣の市の方が、循環サービスバスとかあるし、行政サービスはいいかもしれないなぁ。引越したい。
マキちゃん
 西村Sのぶの『一緒に遭難したいひと』の登場人物。プーなヒロインのキリエを暖かく包み込む、小粒でほよよんなダーリンである。メガネ君。いいひと。


9月17日

 モニター到着日。
 もらい物なのである。ROY経由で、渋谷のプレイヤーの野熊さんから融通していただく。ありがたい。17インチで、実家のモニター類の中では最大。あうー。やっぱり広い画面はいいですにゃ。ロードMナークもウィンドウが重ならない状態になったので、すっかりやりやすくなって快適(笑)これからは、以前のように夜中もサーフィンできるようになって、更新速度も多少上がるかも。紹介するサイトも探しやすくなるしね。
 逆に、FLASHやアプレット使用のサイトは行けなくなったのである。ぺんち75MHzでは無理だもんね。


9月16日

 友人の新居に襲撃。
 大学時代の友人夫妻が家を建てたというのでそのほかの友人達と襲撃。雷と豪雨でにゃっちの近所の交通網が微妙に乱れており、乗り換えに失敗する。携帯で連絡しようとしてもなぜかつながらない。20分もみんなを駅で待たせてしまった。ごめんなのにゃ。
 旦那は出勤になってしまったとのことだったのでいなかったが、おかげでいろいろな話ができた(にや)新築の家はまだ物があんまり増えていないためかすっきりしていて、かといってデッドスペースはなく、ドアや天井も高いつくりで空間が広々と感じられるようになっていた。
 にゃっちも将来的には家を建てたいので、参考にしようかな。ドアが引き戸というのも省スペースでいい感じだし、大きな掘りごたつ風にした丸テーブルは8人くらい座れそうでなかなか宴会向き。収納も結構あるみたいだし、バリアフリー仕様だし、長くすむことを考えて今家を建てるとこんな感じ……という家であった。いごこちもいいし。いいねぇ。
 ごはんもたくさん作られていて、おいしくいただく。にゃ。かなりたべすぎた。しかし、ブルーチーズのやつおいしかったな。にゃっちはブルーチーズは好きだけれど、あの香りが苦手なのだが、今日フランスパンと一緒に出てきたブルーチーズは、あの独特の香りがしなくて、でもこくがあり、なめらかでおいしいというチーズだったのだ。鮭も大きくて脂がのっていておいしかったし、いい環境だよな。テレビの電波が入りにくいという欠点があるらしいけれど、それ以外は静かだし、すみやすそうな街であった。
 にゃっちは将来的には、ゲーム筐体の部屋と書斎のある家を作りたいのである。今はとりあえず資金もないので、考えているだけ。でも、てごろな土地は探しているけれどね(笑)


9月15日

 ひさびさのオフ会出席。
 にゃっちが一番通っていた草の根BBSが閉局するというので、口コミで連絡がまわってきた。ダブルブッキングだったけれども、もうひとつの用事は夕方からなので、行くことにする。もうオフ会とかには2、3年顔出ししていないし。
 オフ会の内容は「川原でバーベキュー」でも、肉がただモノではない。『はじめ人間ギャーTルズ』のマンガなんかでみるような肉……通称『マンガ肉』……骨付きの塊肉を焼くのである。焼く肉は、肉屋の若旦那が用意するので、肉は塩、胡椒だけでも充分おいしい新鮮な肉。これを1斗缶を2個つなげてつくったコンロで炭火でジワジワと焼くのである。うまいよー。
 しかし、にゃっちは最近1日1食の生活が長かったせいか、全然お腹に入らない。たくさん分けてもらったのに、ゆっくりはむはむ食べるのが精一杯なのであった。以前食べた時もおいしかったけど、今回もうまかったにゃ。
 いつもパワフルなメンバーばかりなので、焼けるはしから各々のナイフで切り取っていく……ハイエナの集団のように、肉をたくさん食べていく。……しかし、周囲のバーベキューの人たちからは浮いてたね(笑)他の集団は、コールマンとかのアウトドア用品のコンロを使ったりしてバーベキューだけれど、1斗缶と焼き網、鉄板で、肉塊を焼く野郎どもの集団。その時は、メンバー20人くらいのなかで、にゃっちを入れても女性は3人しかいない……まわりの人たちは男女同数か、親子連ればかりだったのに……異様な集団に見えそうだよねぇ(笑)
 そして、楽しく肉を焼いている時、事件は起こったのでありました。もともと降ったりやんだりの天気であったのだけれど、雷とともに急に雨が降り出したのである。10メートル先がおぼろにかすんで見える状態の雨。そして、ここは川原。すぐに止むと思ったので、10人くらいが入れる大きいテントのなかににゃっちは逃げ込んでいたのだが……足元から水が染み出してきていたりして(笑)
 メンバーのうち何人かは、コンロの肉を守るべく青いシートを持って傘になったり……もちろんずぶ濡れに……30分ほどして雨はやんだけれども、結構みんなぬれた。にゃっちはテントに雨が降る前から入っていたので、奥の方にいたため足元以外はほとんどぬれなかったけれどね。
 とりあえず、これからもうちょっと水量が増えるだろうからというわけで、(すでに川幅は広がり、水量は増えまくり)川原の場所から一段高い場所にあがる事になった。テントや荷物やコンロなどを手分けして運び、そしてバーベキューを続行する集団……まあ、やっと肉の全体に火が通ってきたところだったしね。そんなところで、にゃっちはタイムアウト。次はいつ会えるのか、懐かしいたくさん仲間を残して、次の約束の待ち合わせ場所に向かうのだった。

 次の約束はいつものお友達との御飯の会。今日はメンバーが少なめになってしまって4人でごはん。刀削麺という麺を食べに幡ヶ谷まで。
 麺を包丁で削っていくという麺で、きしめんみたいな太さの平べったい麺だ。辛いのを食べたけれど、唐辛子のからさではなく、山椒のからさだったので、辛いのが苦手なにゃっちもちゃんと味わうことができた。他にも細長くまかれたえびの春巻きや、など、  昼間曇天だったわりには紫外線が強かったのか、にゃっちの顔は日焼けで真っ赤に腫れてしまった。腕も真っ赤。一応、日焼け止めはしていたけれど、汗で流れちゃったんだろうなあ。じっとしていても、顔がヒリヒリしてしまう。
会った友人に「タコ?」といわれちゃうくらいだし、とにかくすごく真っ赤でした。パウダーをのせてみたけれど、全然赤みが変わらない状態だったし。くそー。これはダメダ。マジでエステの広告にあった、1000円で体験ホワイトニングコースにいくしか。ふー。そろそろ長持ちする肌を目指して、ホワイトニングを本当に始めようかな。


9月14日

 まな板包丁格闘日。
 にゃっちの家のまな板は、木のまな板。おそらく柳のまな板。
 木のまな板の欠点は、年月が経つごとにどんどん黒くなってくるところ。毎日洗っているけれど、雑菌の繁殖はなかなかのものと思われる。そこで、2−3年に一度ひまーなときに、にゃっちはあることをするのであった。……まな板削りである。
 近所のスーパーで安くて小さいカンナを購入したにゃっちは、久々にまな板を削ることにした。昔削ったときは300円のミニカーくらいの大きさのカンナだったので、ちょっとは楽かもと思ったのだが。大変なのだ。自分で刃の位置を調整しないといけないのだ。トンカチでね。
 でも、トンカチがない。ドライバーの握りで調整することにして、削り始める。
 でも、素人。カンナの調整がうまくいかず、なかなか均一に削れない。そして、キレイに仕上がらない理由は、手順の欠点もさらにあるわけなのであった。
 木は普通乾燥しているときに加工するわけなんだけれどもね、相手はまな板。にゃっちも下準備として陰干ししておいたのたで、乾燥しているように見えたけれども、内部には湿気があるのである。そこにカンナをかければ、そりゃあ削れませんがな。
 と、いうわけで、とりあえず削ったこと削ったが、表面がぼこぼこになってしまった、我が家のまな板なのでした。あいる ぴー ばっく!いつの日か、また削って表面をならすのだ。待ってろよ。


9月13日

 星の話。
 にゃっちがかねてから気になっていた通信販売がある。それは、「あなたの名前を星につけてみませんか」というもの。ずっと以前にテレビのニュースの終わりのあるちょっとしたコーナーで、こういう事をしている所があるよと紹介されていたのだ。
 にゃっちは意外にも天文ファン(そのわりにはハレー彗星を見に行かなかったが……)「いつか自分の名前を小さな星につけてもらう……ドリーミンだ」と、思っていたのである。
 そんなことで、ひょんな事でサーチエンジンをつかって調べてみることにしたら、出てきました。2カ所ほど。
 片方はインターネットでの通信販売のショップ。もう片方は北海道のある自治体の天文台がやっているサイト。それぞれが「あなたの好きな名前を星につけませんか」と書かれており、同じ団体かと思ったら通信販売の方はアメリカに本社がある商業的会社、片方は自治体の町おこしイベントみたいなものとわかった。
 そして、どっちのサイトを読んでも……「空の星は名前が付いていないものがほとんど」(なんとか座αとかホントはついてるはずですが……?意味のある名前としてついているかといわれれば、ついていないということなのでしょう)、
 「名も無き星にあなたの名前をつけ」(天文学上は名前があるのだが)
 「大切な記念にしませんか」(まあ、ロマンチックな記念だもんね。私も欲しかったなぁ)
 「あなたの星の位置がわかる名前入り記念プレート、証明書をお付けいたします」(記念にはやっぱり記念品だもんね。うむうむ)
 ……という感じなんである。どっちのサイトも(笑)
 肝心の値段がというと、通信販売会社は3万円(豪華額装パネルなどの記念品)。自治体の方は5千円(自治体のプラネタリウム、天文台が入場無料になる特典あり)なのであった。ほぼ同じ事をしているのに、この値段の開きは……?そして、肝心かなめの話。実際天文学上で私の名前をつけた星は「私の名前で呼ばれるようになるのか?」という疑問。
 どっちのサイトにも、それぞれの団体に記録され、永久に保存されます……とは書いてあるものの、(天文の)世界にその名前での登録がされましたと報告されます、とは、一句なりとも書いていないのである。
 もっとサーフィンしていくと、その星の名前についての裁判記録を発見したり、日本の国立天文台での広報ニュース記事を発見したり……どうも、せっかく名前を登録しても、天文などの世界的にはあなたの名前で呼ばれることは無いですよ……ということがわかったのであった。
 つまり、「あなたが登録した場所(会社や団体)のなかで、その星を呼ぶときはあなたの名前ですが、その他の場所ではあなたの名前でその星が呼ばれることはないですよ」ということなのである。ということは、ネットのハンドル名みたいなものなのねん。その世界だけで通用する名前ということなのねん。欲しかったのになぁ、地道に空を仰いで彗星でも見つけるしかないというわけですね。ちぇ。

☆参考 国立天文台のサイトの天文ニュース(転載「星の好きな人のための新着情報」へリンクしています) 星の名は誰がつけるのか

9月12日

 最近気になっている番組は、深夜の「仕立屋工場」
 フジテレビの火曜深夜枠の番組。少年隊の少年隊夢と一緒に見ている。ミーハーなんですよ。ええ。
 どんな番組かというと、インディーズの服飾デザイナー達がコンペ方式で服をつくっていくというもの。芸能人誰それさんの依頼で「グラビアの時に着る服」「映画の舞台挨拶に着る服」「試合の時につけるヘアーゴム」などという、シュチュエーションや依頼者のどんな服を着たいかという主張をきいて、選ばれた2ブランドが低予算(たいてい2万円くらい)、短期日程(たいてい4−5日間)で服をつくるという番組。
 いやー、面白いです。パンダのぬいぐるみにお告げをもらう変なブランドあり、ニットに情熱かけまくりのブランドあり、今んところ敵なしのすごいかっこいい服をつくるブランドもあり……創り出す泉が彼らの中に存在しているなぁという感じ。
 創りだす、創造する……にゃっちは大学の時、美術専攻だったのですが、(そのわりに絵がへたくそ)、彼らのように想像したことを現実の立体に変換する事ができるというのはすごいなあと、ただ単純に尊敬してしまうのである。
 詩やお話など文章については、ある瞬間に『神が降りてくる』感じをひっつかまえて書いていることが多いのですが(こーゆー、だべっている感じは適当です)、ああいう洋服のデザインとかもやっぱり神が降りてくるのかなぁ。美術の世界でも結構「神が降りてきた!」は聞く話なので、そんな感じなのかもしれないけれど。
 神が降りてこなくても、日常的にいい文章を書けるようになりたいな。コンスタントに書ける能力も、才能と呼ばれるのだろうけど。


9月11日

 激しい雨のいちにち。
 屋根を打つ雨音で起こされる。家の屋根はトタンみたいなものなので、ひょうや大粒の雨の時はかなりうるさい。
 外を見ると、白い糸を引くように雨が降っていた。もちろん、にゃっちは無視して寝た。ビバ、無職。こんな日も外出しなくてもいいのが、無職の特権。だが、3時間くらいごとに雨音で起こされる事になる。
 プレスTという遊び道具が、実家に行っているので、実家に帰ることにする。が、ばっちりとにゃっちの部屋の下にある、外階段は水没していたのであった。そのままつかれば足首ぐらいまでの高さに、地面が水没していたので、以前だったらブロックを足場として設置しながら進むのだが、最近はそれができない。隣の部屋の住人がスクーターを購入したので、ブロックがあると夜、帰ってきた時点でブロックにあたって転倒することが考えられるからだ。
 実際私も転倒したことがあったしね。とりあえず、微妙に水面からでている場所を伝って行くことにしたが、途中で手すりから手が放れ、ばっちりにゃっちは水没したのであった。あーあ、こんなんだったら最初から水につかって進めばよかったと、思った午後なのであった。


9月10日

 前日、たくさん夜更かししたのでねむる。
 なんといっても、終電が遅めだったのが怖いところ。コンビニを何軒かはしごしながら、気になる作家がインタビューされているというある雑誌を探すが……ない。まあ、本屋だったら絶対入れているような雑誌なので、本屋で立ち読みすることにする。
 ひとしきり眠って、夕方起床。いろいろ懸案事項の参考資料をみていると晩御飯のお知らせ。
 にゃっち姉がまた、創作料理を作った模様。「……おいしいの?」「わかんない」……自分で作ったはずなのに、そう答えるところがおそろしい……(笑)
 はたしていってみると、なめこおろしそばのそばが冷や麦になった……ような料理でした。しかもちゃんと料理本のテキストに載っているレシピ。にゃっちてきには、アウト!な料理でした。だって大根おろしが辛かったんだもん……首の所を使っていてくれればねぇ……。ふぅ、にゃっち姉の料理修行は、長い道のりのようですにゃ。
 

9月9日

 午前中はお墓参り。祥月命日なので。
 にゃっちの家の墓はすごくひろーい墓地にあるのだが、この日はあちこちで法要の目印のパラソルが立ち、お坊さんが走り回っていた。(法要をかけ持ちでこなしていくから。30分刻みくらいで)で、たくさんの法事の人々。マイクロバスなどで乗り付けたりして、すごいねぇと思う。にゃっちは将来的に、そんなにたくさんの人がお墓参りしてくれるのだろうか。それは、謎。
 午後は、ROYと待ち合わせて、ひさしぶりにくるくる寿司へ。午後3時からの大トロサービスを狙う!
 このお店は一皿130円の均一価格という明朗会計なお店。お皿をカウントする形式なので、たくさん食べたときはちょっと恥ずかしいが、計算は楽。そして、いつもは回っていないネタがでる時間帯があるのだった。毎日午後3時からの大トロサービス、もちろん1皿は同じ値段でだ。
 低価格なので、ネタは冷凍物が中心だがそれなりにうまい。大トロもうまい方だと思う。去年までは会社からの帰り道の途中下車で、よく通っていたけれど、今年は家から出ていないので久々だった。いやー、堪能した。
 しかし、たらふく食べたのにもかかわらず、以前より入る皿の枚数が減った気がする……胃が小さくなりつつあるのかな?
 この後、アブアブで「黒い服でないものを買え!」という命令により、スーツの下に着られそうなシャツブラウスと、フェンDィのパチモンぽい茶色のカットソーを購入していただく。その次は、色気無くMュートスプラザで求人情報を検索したり、みはしで久々に「白玉クリームあんみつ」をいただく。ROYにはかき氷の宇治金時、ソフトクリームトッピングで。みはしはソフトクリームが濃厚で、甘いものが大好きな人は一度試してみるといいと思う。甘いものが苦手であれば、みつ豆。豆の塩味がいい頃合い。にゃっちは白玉が好きなので、白玉クリームあんみつが定番。ただし、かなりおなかがいっぱいになる代物なので、おなかがほどよく空いているときに食すのがよいかと。
 久しぶりに、食欲、買い物欲方面をいろいろ堪能しまくったので、次は脳味噌方面……っていいながら、まんが喫茶へ。
 先月、IニシャルDを読み始めたのだ。そして、気になる続きを読むのだ、というわけ。やっぱり、色気無く時は流れ……女帝15.16巻、モンキーターン9巻〜新刊まで、IニシャルDは9巻〜19巻まで、4時間ほどで読了。
 やばいわー、リッジとか久しぶりにしたくなる。実車でのドリフトの仕方は、頭ではわかっているけれど、事故を起こす可能性のがはるかに高いので実車ではやりたくないね。でも、ちょっとだけロングドライブにでてみたくなった。そんな読了後の夜。

9月8日

 通販送り返し。
   結局、郵便局の海外郵便小包が一番安そうなのでそれで送る。870円。欠点は保険無しということ。まあ返品商品なのでなあ。30ドルの商品を送り返すのに15ドルかけるのもなんだかなぁと思うので。にゃっちは日本とアメリカの郵便を信用することにしたよ。
 返送の候補としてはEMSと、UPSと、Fedexとの3種類がいたんだけれど、EMSは保険付き3日くらいで相手に着く、郵便局取り扱いで一番気軽。UPSはクロネコが提携しているけれど、料金などがわからん。業者的に信頼はされているようだということがわかっている。Fedexは近所に取り扱いが無く、電話で回収してもらわないといけない。ちょっと面倒。
 取り扱いの乱暴さは、どこもきっと一緒と思ったので、郵便にする。商品が無くなったらクレームの電話を一発アメリカまでかけますよ。その前にインターネットで文例を調べて読む。聞くのは平気なんだけれど、話すのは少ししか単語を覚えていないので相手に理解される会話をするのはむずかしい。一応、とーいっくとか受けて点数確認しようかな。ちなみに英検は4級です(笑)
 

9月7日

 通信販売トラブル。
 頼んでおいた洋服が昨日到着したのだが、包装をあけてみると同じ色のセーターが2枚入っていたのだ。
 チャコールグレーはあっているんだけれど、もう一枚はヘーゼルナッツ(茶色)を頼んでいたのよねぇ。にゃふん。海外からの通販だからなー。にゃっち姉のオーダーにのっかった形で頼んだものだったので、頼んだときのFAX用紙の発掘からまず始めた。
 以前も色違いとか来たことがあったのだけれど、その時は「第1希望は品切れになったので、第2希望のCOLORになりましたよ」となっていたんだけれどねえ。
 オーダーのFAXを見るとちゃんと記入されていたことがわかったので、東京センターに電話。自分が希望していた色が在庫切れでないことを確認して、返送準備。(在庫切れだとセーター代も送り代も、戻ってこないことがある。英語下手だからさ)
 で、返送なんだけれど……アメリカの会社なのでアメリカの商品センターに送り返しなんですよ。何で送ったら早くて安いかな。にゃふーん。


9月6日

 サイト更新準備……
 をしようと思ったが、気分がのらないので先週末から全然回っていなかったから、サイト巡回をする。
 メールチェックをすると、面接申し込みをしていた会社から「ゴメンナサイメール」がついていた。ガッテーム。わしゃがんばるよ。
 面接などで、「今までに何社受けましたか?」など、よく聞かれるとのことなのだが、にゃっちは今までに何社申し込んだとかは、全く記録していない。でも、かなり少ないと思う。10社いくかいかないかかなー。業種としてはベンチャー系、ポータルサイトを目指す会社とかが多かったと思う。
 でも、そういう小さめな会社はたくさんのことができる人を雇って、マルチに使いたいので、にゃっちのようにJava ScriptやFlashは勉強中ですなんて言う人には用はないのである。きっと。
 では、自分のサイトで使ったらどうですにゃ……と思うわけなんだけれど、ちょっとでも軽いサイトを作りたい自分としてはFlashを使うのは避けたいし、Java Scriptは使いようによってはかっこいいサイトが作れるのがわかっているけれど、ブラウザによって思惑通りにならない事もある。
 難しい……軽くて格好良いサイト。色は黒でなく、明るい配色。……最近、カウンターの伸びが少ないので、ちょっとデザインとか考えないといけないかも。にゃふーん。
 

9月5日

 石鹸生活をこっそり始めてみる。
 石鹸生活というのは、合成石鹸をやめて粉石鹸で洗濯をし、普通の石鹸でシャンプーしたりする……という感じの生活なのだけれども、まあ、地球に優しい感じになるように分解されやすい石鹸で暮らすということなんですよ。
 もともと昔はもにゃっち家は粉石鹸で洗濯だったので、すこーしだけ地球に優しかったらしいが、最近は新聞屋に魂を売っているので合成石鹸……これがまたよく落ちるんだ、手間がかからないで……の洗濯生活なのですよ。家には今新聞屋からはぎ取った洗濯石鹸が20箱くらいあり、親戚の家からいただいた舶来の洗濯石鹸10キロがいて、昔のように地球に優しい感じの粉石鹸で洗濯は夢のまた夢……その上、最近近所では粉石鹸なんぞ取り扱っていないのです。むずかちー。
 あと、にゃっちにできる身近なものはといえば、シャンプーを石鹸にかえる……くらいのものだったのだが、石鹸シャンプーはちゃんとリンスなどで中和しないと、ゴワゴワ、キシキシになってしまうのと、いい製品はけっこう高価なので(ボトルで1本1000円前後)ためらっていたわけなのですよ。
 シャンプーだけでゴワゴワにならないものはないかな……と思っていたら、あったのです。LUSHのソリッドシャンプー。つまりは、シャンプー石鹸というわけなんだけれども、いろんなハーブとか配合してあって、見た目もキレイだし、香りもいいものがそろっていたのでした。純石鹸なので肌にも優しい、地球にも優しい……いいことづくめのような気もする。
 にゃっちは2日に行ったイクスピアリでお店を発見。量り売りされていた中で、一番おいしそうな香りを発していた「ココナッツ」の石鹸を購入。家で早速使ってみたら…………いいわー。これ!髪が乾いてからも、ほんのり甘ーいココナッツの香りがするのだ。にゃっちのゴワゴワな硬い髪もなんしかふわふわな感じ。いやんもー、とりこですよ、ほんとに。
 カツミレのものもありなのにゃ。シャンプーバーや石鹸もなんか、おいしそうな香りものがそろっているですよ。旅行とかで持っていくのに便利かもな。見かけたら、ぜひお試しして欲しいものですにぁ。
 なに正当派石鹸生活者は「太陽油脂のパックス・ナチュロン」だろー!?ですって。……いやー、仕事があって経済的余裕があればすぐに乗り換えますよ。サンプルもらって試したけれど、アレもけっこういい品ですからねぇ。

LUSHのサイト オーダーもできるとのこと。石鹸とかのネーミングが変。にゃっちが次に欲しいのはバスボムという入浴剤の商品かな。

9月4日

 都内へドライブ。
 しまったことに都内には外国要人が来ていたらしく、そのうえにゃっちの目的地近くにその要人がいるということだったので、超渋滞。しかも、車両での抗議デモもあったとのことで超超渋滞。1時間ちょびっとでつくつもりだったのに、目的地まで1時間半ほどかかった。
 用件はといえば、ある事をするのに申し込みの書類書きと内金納入。庭がとてもすてきなので、庭を眺める喫茶室でお茶して帰ろうと思っていたのだが、行きも渋滞ならば、帰りも渋滞。家のカーナビは混雑対応ではないし、変な道を教えてくれる。行きも道に迷ったし、きっと帰りも迷うんだろうなぁと思って、憩いのひとときはあきらめた。うちのカーナビちょっと地図も古いんだけれどね。旧型なのでね。
 そして、やっぱり順当に道に迷い、帰りにいたっては2時間かかって家についたのでした。気持ち的には、新しいカーナビほしいにゃあ。


9月3日

 昨日の続きで、ディズニーLンドへ。
 『FAST PASS』というシステムに興味を持っていたのだが、使いたい場所は「今日は動いてないんです」とか、普通に並んだ方が早いなどで、一度もシステムを使わなかった。もっと拡充すればそれなりに使えると思うけれど。広がりつづけるディズニーLンドで、待ち時間が少なくなるのはアトラクションを楽しむ上でとってもいいよねぇ。
 さて、この日は日曜日なのにかなり空いていた。25分待ちとか40分待ちであっても、実際は15分や20分で入れてしまうことが多かった。ご飯の場所もけっこう空いていたし……あ、でも、目的の昼御飯の場所では食べられなかったんだったな。クィーン・オブ・ハートのバンケットホール。面白そうだったのにね。  にゃっちが最後にディズニーラNドに行ったのは、Eレクトリカルパレードが終わるときだったので、何年か前のこと。実は、トゥーンTウンとか行ったことがないのであった。
 ホテルに車を置いたままにして、シャトルバスで向かい入園したのは11時頃。気合い入っていない状態でしたが、けっこうアトラクションの数はこなしたよ。
 カリブの海賊→ジャングルクルーズ→SHOW BASE2000(ミュージカルみたいなやつ)→魅惑のチキルーム→シンデレラ城ミステリーツアー(初めて入った!)→パレード見学→スプラッシュマウンテン(記念写真購入)→ホーンテッドマンション→イッツ・ア・スモールワールド→プーさんのハニーハント(9月からの新アトラクション!!)→ミッキーと記念写真(チューされたので、チュー仕返した)→花火。というコースどりでした。
   魅惑のチキルームは、以前入ったときと雰囲気がうって変わっていた。ほのぼの系だったのになんしか扇情的なシナリオに。えっちくさ(笑)こんなんでいいのかなぁ。
 にゃっちが思ったのは、ジャングルクルーズでガイド役の人に、のりのりでリアクションしたいなということ。シンデレラ城のミステリーツアーものりのりでリアクションして、勇者の剣を使う人を争うとか……子供に負けるか。バカ・イベントだけど、やりたい人いないかな。10人くらいで一緒に行って、リアクションする。ぜひやりたいニャ!トップページで希望者募集しよっかな。くすくす。
 今回行ったなかですごかったのは「プーさんのハニー・ハント」内容は申せません。すごくいい!とだけ申し上げます(笑)
 にゃっちがいった日は、安全装置がしばしば働いたのでよく止まり、最初80分待ちだったけれど、結局乗れたのは2時間たったときでした。乗ってみてわかったことは、「これは、安全装置が働くよなぁ」ということと、「どーいうプログラムでコース取りしているのかな」ということ。ライドのコースはおそらく球体の車輪で……おっと、これ以上は体験して下さいませ。すごーくいいです。おすすめ。ジェットコースターが嫌いな人も、爽快感が楽しめると思う。
 ひさびさに行ったディズニーランD。かーなーりー、楽しめました。来年オープンする、ミラコスTホテルをにゃっち姉は予約するらしい。その時は誰と行くんだろうか。


9月2日

 ディズNーAンバサダーホテルへ拉致られる(笑)
 にゃっち姉がこっそりと予約しておいたという、ディズNーランドの横に新しくできたホテルである。
 今日は激!気温が高く東京で37.8度。「ホテルにプールあるんだよー」と、言われたが、屋外プールで営業が8月31日までと書いてあったので、水着は荷物に入れなかったんだよね。しかも、営業は18:00までだったし。
 しかして、実際はというと、プール営業していました。しかも人がいなかったなぁ。ちぇ。小さい可愛いプールの横には、フィットネスジムと、ゲームコーナーが!もちろんチェックしましたとも(笑)
 電車go!3とビーマニCLUB MIX、シューティングでVIPER1、クイズゲーでああっ女神さま。パズルボブルなど。キャッチャーはディズニーもののみ。プリクラはプーさんのシール。あと、メダル製造器がありました。100円を投入すると楕円形に打刻されたメダルがでてくるもの。ディズニーランドの中でも同じようなものがあるけれど、ここのはアンバサダーホテルの名前入りで、ミッキーの衣装がホテルマンの格好になっている。けっこう可愛い。穴が開いていたり、枠とチェーンのセットがあったりして、ペンダントヘッドにできたりすればいいのになぁ。普通の人はそんなペンダントはしないか?
 部屋はトリプルで3人部屋。普通はエキストラベッドだったりするのだが、普通のベッドが3つ入っている部屋なのである。ちょっち狭い印象。部屋にはいるとタバコのニオイ。どうも、禁煙ルームなどはないのかもしれない。部屋を案内してくれた人にも言ったのだけれどね。とりあえず、にゃっちがいつも持っている消臭スプレーを部屋中に撒いておく。ちょっとはましに。そして、予約したときにパジャマのサイズを大きいものにと頼んであったのだが、大きいサイズになっていなかったり、冷蔵庫の品物を使ったらチェックする伝票にすでにチェックが入っていたり……サービスって……?……かなり未熟な気がしました。なーのーにー、高いんだよすっごく。都内の一流ホテルのかなり高いランクの1泊室料に近いです。
 食事はホテルの和食のレストランでしましたが。高いよー。自腹ではこれにゃい。隣接するイクスピアリで食べた方がきっと安いです。絶対。味はそれなりによいが、サーブするタイミングがとても遅い。途中とても、間が空いてしまったので、「あれ?これで終わりだったっけ」と思ってしまったほど。
 翌朝の朝食はミッキーとの朝食というのが予約できなかったので、ルームサービスでとりましたにゃ。まあ、味とサーブは普通かな。にゃっちはアンバサダーブレックファーストを注文して、パンケーキにしたんだけれど、パンケーキにはミッキーの顔が焼かれているので、子供にウケルと思う。でも、メープルシロップと蜂蜜がつくんだけれど、メープルシロップにも蜂蜜がブレンドされているのだ。にゃっちはアレルギーではないけれど、蜂蜜アレルギーの人は注意がいるね。
 ロビーも落ち着かない感じだし、部屋も落ち着かない。エレベーターはしゃべるし。ここのホテルはディズニーの雰囲気を楽しむためのホテルであって、安らぐためのホテルではないんだなあと思った。
 フロアはバリアフリー仕様だし、お風呂も広いし、アメニティグッズとかいろいろ楽しめるけれど、落ち着かない。ディズニーLンド徹底攻略のために泊まるならいいと思う。ディズNー後に落ち着くのはSェラトングランデだな。シャトルバスは混むけれどね。にゃふーん。
 

9月1日

 昨日、寝坊したので行きそこなった病院へ。
   検査の結果と、手のひらの発疹の経過報告。手のひらの発疹は薬のおかげか、だいぶんおさまっている。先週は真っ赤でブツブツだったのだが、今は普通の手のひらの色。薬のおかげで症状が抑えられているかもしれないということだったので、とりあえず、薬を半分にして経過を見ることになった。
 そして、メインイベント……肝臓である。
 結果は異常なし。要経過観察。一応脂肪肝ではあるけれども、そんなに深刻ではなく、食事制限や運動で解消されるレベルのものだそうでした。
 「じゃ、まあ、やせましょう」と、お医者さんに指示される。が、にゃっちは椎間板ヘルニアなんで、体脂肪解消用の激しい感じの運動はできないのである。筋肉トレーニングとかね。その旨をつたえると、「あーうー、じゃあ食事制限だね」と一言。
 食事制限だけで簡単にやせられればなー。にゃっちここまで太らないよなー。Mイクロダイエット再開を考えるにゃっちなのであった。
 夕食、家族と食べなければやせるのは明白なんだけれど……




暴れん坊(笑)8月のにゃっち日記のTOPへHOMEへもどる